top of page
装飾椅子

Wedding manner

​お呼ばれの際にはぜひチェックを!
基本のマナーから最新のマナーまで
ご紹介します

大切な方の、特別な日。

これを読んでくださっているあなたにとっても、
素敵な1日となりますように。


さまざまなスタイルの素敵な結婚式が増えてきている今、
自分らしい装いも楽しみたいですよね。

自分らしさを取り入れつつも気持ちの良い一日を過ごすために、
基本のマナーと最新のマナーを知っておけると安心です。

ご自身にとっての “最高の
ドレススタイル” を!
 

01

・招待状の返信マナーとお心遣い

​・お祝儀の金額​相場​

8_000000003348_edited.png

02

​どんなドレススタイルがいい?

・お呼ばれドレスのマナー

・NGアイテム

・ご親族スタイリング

・マザードレス

03

​結婚式当日のマナー

・当日の持ち物

・受付時のマナー​

kirill-pershin-yvKrdNXGN9M-unsplash_edited.jpg
6_000000003346.jpg

​お呼ばれされた時…

01

【 招待状の返信について 】

・招待状が届いたら、できる限り早く返信しましょう。

招待状が届く頃、新郎新婦さんの方はお食事の数の決定や、当日に使用する印刷物など…本格的に準備に忙しい時期となっています。

だからこそ、

返信出来かねる事情などある場合も含めて、早く返信をするさりげない心遣いは素敵です。

【 お祝儀の相場 】

 

 

 

 

 

 

 

ちらはあくまでも「相場」になりますので、

たくさん包めず少なくなってしまっても大丈夫です。

しかし、お食事や引き出物・当日のイベント準備などで、新郎新婦​様はお祝儀の額に相当する金額を使われていることも、認識しておくことが大切です。

また、ご親戚の結婚式に出られる場合は、

ご親族​様の間でのしきたりや取り決めがある場合があるので、​ご家族に相談するのが安心です。

友人・知人・会社の同僚   :  1~3万円
上司や恩師         :  3~5万円
​親族            :  5~10万円

夫婦で参加の場合      :  5又は7万円がおすすめです。
お子様を連れて参加の場合  :  お食事の有無で判断しましょう。

​キャンセルの場合      :  現金書留で当日より前に送りましょう。
最初から欠席の場合     :  お気持ち次第で大丈夫です。
                 送る場合は1万円前後が多いです。
​挙式のみの場合       :  1万円程度

​ドレススタイルのマナー

02

【 お呼ばれドレスのマナー 】

​洋装なら「フォーマルなワンピースやドレス」、

和装なら「未婚女性は振袖」「既婚女性は訪問着や付け下げ、色無地」が一般的です。

目立ちすぎてしまったり、逆にフォーマルすぎるスタイリングは避けましょう。

お祝いの席に華を添えるような気持ちで、上品で素敵なスタイリングを選びましょう。

【 NGなアイテム 】

・純白、白っぽいカラー

・全身真っ黒のスタイル

・肩が出るデザイン・ミニスカートなど露出の高いドレス

・ファー素材、アニマル柄

・オープンツゥ、ミュール、ブーツ、3㎝以下のヒール、チャンキーヒール

※3㎝以下のヒールは、お子様連れ・妊婦の方などの出席や​​、チャンキーヒールを選ばれる方も増えてきています。

21_000000002846.jpg
14_000000003459.jpg

【 ご親族スタイル 】

ご親族様は、お席が末席になる為

新郎新婦様と同様におもてなしをするお立場になります。

そのため、華やかさときちんと感を感じるスタイルが好ましいです。

​新郎新婦様とご関係が近いほど、服装の「格」を意識しましょう。

【 新郎新婦のお母様スタイル 】

ご両家の服装について大切なのは、「格」を揃えることです。

新郎様は、和装。新婦様側は、洋装でもどちらも正礼装であれば大丈夫です。

一緒に写真を撮った際の統一感など、事前に両家で話しておくと安心です。

正礼装とは、「アフタヌーンドレス」とも呼ばれるドレスで、

ロングスカートに、七分丈よりも長く、露出を抑えたデザインを選びましょう。

​結婚式当日のマナー

03

結婚式当日、素敵な思い出となりますように

美しい振る舞いを確認しておきましょう。

【 当日の持ち物 】

・招待状

・スマートフォン、携帯電話

・ハンカチ、ティッシュ

・メイク用品

・財布

【 持っておくと便利なアイテム 】

・絆創膏 

・予備のストッキング

・充電器

・折りたためる袋

・ヘアピン

【 受付時のマナー 】

受付では、ご祝儀袋を袱紗から出し、畳んだ袱紗の上に置いた状態で

係りの方に対して正面になるようにして、両手で渡します。

渡す際には、「本日はおめでとうございます」「お招きありがとうございます」と一言を添えて、「新婦友人の〇〇と申します」と名乗りましょう。

8_000000001009.jpg
26432087_m.jpg
bottom of page